BLOG

アレルギーやカブレについて

間違った認識

当店では必ずカウンセリングをします。
その際にアレルギーや今までカブレたことやかゆみが出たりなどしたことはないか確認します。
そしてパッチテストについてもお話しさせて頂きます。
ジアミンアレルギーや一度でもかぶれたことがある方などは事前にお話ししてくれるのですがそういう経験のないお客様はこちらから聞かない限りはあまり答えてくれません。
当店では必ずカラー前には「同意書」を書いていただいているのですがほとんどの方は「今までカブレたこともアレルギーが出たこともないので大丈夫です」と答えます。
しかしこの認識が大きな間違いです。

繰り返すからこそ増える可能性!

「今までなかったから大丈夫!」
気持ちはわかるのですがアレルギーは今までなかったから起きないわけではありません。
逆に続けて来たからこそアレルギーが起こるリスクがどんどんと高くなるのです。

カブレ(炎症)やかゆみなどもその日の頭皮の状態・体調・女性の場合は生理前や生理中などは皮膚が敏感になっている場合がありますのでカブレやかゆみが出る場合があります。
ましてや年齢とともに皮膚の機能の低下などで頭皮環境が悪くなって来ている場合は突然カブレが起きるリスクも高まります。
このことからもわかるように、年数とともに、回数とともに、体調など健康状態によりいつでも起こる状態ではあります。

ヘアカラーを行うリスクはしっかりと理解する

どんなに負担の少ないヘアカラーでもデメリットが全くないことはありません。
100%ヘナですらカブレを起こしたりアレルギーもあります。
「接触性皮膚炎」を起こしやすい方も少なくありません。
ましてや白髪染めなどは短期間で行う方が多いのでよりリスクは高まります。
負担が少ないからと安心。
植物性だから安心・安全。
そんな過信はより危険です。
現代はアレルギー持ちが二人に一人はいるのではないかというくらいの状況。
まさしく現代病とも言えますね。
その状況下でヘアカラーというのは危険な行為と言えます。
一度のヘアカラーはさほどではないものの繰り返すからこそ様々な症状が起こって来ます。

そのリスクを減らすには

ヘアカラーのリスクを減らすにはサロン側の処理の仕方が鍵を握ります。
しっかりとヘアカラーで起こるリスクを美容師側が理解をしそれに対してどれだけの処置方法を知っているか。
この差はかなりの差を生みます。
もちろん当店はしっかりと行っています。
それともう一つはお客様ご自身のご自宅でのケアです。
もちろんシャンプーやトリートメントなどのヘアケアもそうですが食事や生活習慣などの体内ケアも重要となります。
そうすることで様々なリスクを減らすことができます。
ヘアカラー・白髪染めを安易に考えず毎回のパッチテストと白髪染めをしにくる際の体調管理などしっかりと行うことをお勧めします。

関連記事

  1. 北見市の美容院・美容室
  2. 北見市の美容院・美容室

最近の記事

  1. 北見市の美容院・美容室
  2. 北見市の美容院・美容室

    2018.10.6

    私の思い
  3. 北見市の美容院・美容室

オススメ記事

  1. 北見市の美容院・美容室
  2. 北見市の美容院・美容室

注目の記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP