BLOG

シャンプーは何でも良い?ヘアカラーとの関係性

ヘアカラーとシャンプーの関係性はあるのか?

皆様はシャンプーは何でも同じ!
どれを使っても大して変わらない!
そう思っている方は多いのではないでしょうか?
ですのでドラッグストアーなどでシャンプーを購入されている方が多いかと思います。
でもそのお使いのシャンプーのせいで髪の色落ちを早めているかもしれません。

その色落ちの原因はシャンプーの可能性も!!


色落ちの原因は様々あります。
色落ちの原因については後日詳しくブログに書きますね。
色落ちの一つの要因に「シャンプー」があげられます。
特に市販のシャンプーをお使いの方はその傾向にあります。
もちろん市販のシャンプーが悪いわけではありません。
ではサロンのシャンプーだといいのか?
そういうわけでもありません。
しっかりと適切なシャンプーを使用できているかどうかが一番大切なところです。
何を目的として、そして髪や頭皮のことを考えて自分にあったシャンプーを選ぶか?
これはなかなか自分で見つけるのは難しいのが現実です。
ではなぜシャンプーで色落ちが早くなるのか?
それについてお話ししましょう。

必要以上に強い洗浄力

本来であれば成分のお話などすればいいのでしょうが今回は難しい話は無しでいきます。
一般的に売られているリーズナブルなシャンプー。
価格帯でいうと500㎖入ったシャンプーであれば500円〜1000円以内のもの。
(あくまで一つ目安として。)
それらは洗浄力がちょいと強いものが多いのが現状なんです。
髪が元々強い方やダメージがほとんどない方であればそこまでの支障もないのでしょうが、年とともに髪も弱くなりそこに白髪そめやパーマなどで痛んだ髪にこの手のシャンプーを使用してしまうとダメージの進行も早くなりそれとともに色が落ちるのも早くなってしまいます。
ましてや面倒だからトリートメントはしない、もしくはしてもたまにの方は余計にダメージの進行とともに色落ちがかそくします。
ましてやトリートメントも市販のものに関しては髪の内部補修をしてくれるものはかなり少なく、髪表面だけに作用して指通りだけを重視しているものが多いためトリートメント本来の目的ではありません。
修復もできず強めの洗浄力のシャンプーで毎日洗えば洗うほど当然髪の状態は悪くなります。

シャンプーは洗うだけではない

シャンプーは確かに洗うものではありますが、化学が進歩した現代は違います。
シャンプーで髪を補修することも可能です。
さらにそこにしっかりと補修できるトリートメントを使用することでダメージの進行を遅らせ、それと同時に色の落ちも少なくなります。
とうことは今までよりも色持ちが良くなりますのでキレイな状態が長持ちします。
無駄な洗浄力は髪や頭皮に影響を及ぼすことがあります。
ダメージの進行や色落ちばかりではなく頭皮の環境を悪くしてしまい髪の育毛を阻害してしまったりと頭皮環境を悪化させてしまう場合もございます。
それだけシャンプー選びは重要なんです。

毎日使うものほど適切なものを

毎日使うものだからあまり高くないもの!
そう思って選ぶ方も多いでしょうが、その結果色落ちが進み、ダメージが進み、まとまりが悪くツヤがなくなる、毎日のスタイルが決まらない・・・
そんな思いをするくらいであれば毎日のヘアケアをしっかりとしてコンディションを整えることで様々な悩みが解消されます。
特に頭皮環境の悪化はヘアカラーすらできなくなってしまう場合がございます。

当店ではシャンプーソムリエの資格を持ったシャンプーのスペシャリストのお店でもあります。
シャンプーに対しての質問や疑問などにもお答えします。
もちろん様々なシャンプーも取り扱っていますのでご来店の際にはぜひお申し付け下さい。
あなたに合わせたシャンプー選びと洗い方・ケア方法をお伝えさせていただきます。

関連記事

  1. 北見市 美容院
  2. 北見市の美容院・美容室

最近の記事

  1. 北見市の美容院・美容室
  2. 北見市の美容院・美容室

    2018.10.6

    私の思い
  3. 北見市の美容院・美容室

オススメ記事

  1. 北見市の美容院・美容室
  2. 北見市の美容院・美容室

注目の記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP