BLOG

痛むから毛先は染めないほうがいい!!それって本当?

痛むのが嫌だから根元だけを染め続ける

白髪染めは短期間で行う方が多いですよね。
ですので何度も何度も毛先まで染めてしまうとダメージが進行して髪はボロボロになってしまいます。
だからずっと根元だけ染め続ける方が多いのではないでしょうか?
確かにダメージのことを考えればそれがいいのかもしれません。
しかしどうでしょう?
その状態の髪はどうなってますか?
髪は綺麗ですか?
毛先まで染めるのはそんなにダメージが進行するのでしょうか?

色が落ちてしまった髪・・・

黒に近い色、暗めの色で染めている方はそんなに色落ちはしにくいとは思いますが明るめの白髪染めをしている方は色落ちが結構多いと思います。
明るければ明るいほど色落ちは多くなります。
そして色の落ちた毛先は「キラキラ」としてきませんか?
その状態って気になりますよね。
でも痛むからと言ってその状態でも根元だけを染める。
そんな状態の髪は見た目的にもどうでしょうか?
逆に痛んで見えませんか?
まとまり悪く見えませんか?
第三者から見ても「キレイ」とは思えません。
これって「美」に反してませんか?
キレイにしたいために染めるはずですよね。
でも「痛む」ということだけで染めない。
これではキレイになりません。

どう傷ませないように毛先まで染めるのか?

ホームカラーや一般的なヘアカラーで一度染めている髪に再度塗ればどんどん髪は当たり前に痛んで行きます。
ではこの痛んだ髪にほとんどダメージを与えることなくどうやってキレイに染めることができるのか?
それができるのが当店のオススメの植物性ヘアカラーとトリートメントシステムになります。

このお客様も根元だけを染めているのですが毛先の色が落ちてきているので髪もパサパサして見えます。
そしてカラーをした髪はツヤも失い硬くなってきてゴワついて見えたりします。
これではいくら根元をキレイに染めても全体的にはキレイには見えません。
当店のオススメの植物性ヘアカラーはダメージはほとんどありません。
ですので安心して毛先までカラーをすることができます。
それを髪にすることで

ツヤがしっかりと出てハリ・コシもでます。
そしてまとまり感も出てそして気になるダメージはありません。

さらにトリートメントシステムをすることで

今回は植物性ヘアカラーのみで施術をさせていただきましたが、カラーと同時に当店のトリートメントシステムをすることでさらに髪にツヤが出てそして色持ちもさらに向上。
当然キレイな髪はその方を若々しく見せます。
ダメージや髪質でお悩みの方はトリートメントと一緒にすることをお勧めします。

このカラーの特徴は「ツヤ・ハリ・コシ」が出るのが特徴でもありますがそれ以外にも「色持ちがいい」「ニオイがない」「刺激がほとんどない」「低アレルギー性」などが挙げられます。
そしてもちろん明るくすることも可能です。
明るくしても一般的なヘアカラーから見るとダメージも格段に少ないのが特徴です。

このように使用するカラー剤・カラーの仕方・トリートメントなどによる処理をしっかりとすればダメージは気になりません。
それどころかさらに髪はキレイになります。
いつまでもキレイでいたいそんな方を当店は応援いたします。

関連記事

  1. 北見市の美容院・美容室

最近の記事

  1. 北見市の美容院・美容室
  2. 北見市の美容院・美容室

    2018.10.6

    私の思い
  3. 北見市の美容院・美容室

オススメ記事

  1. 北見市の美容院・美容室
  2. 北見市の美容院・美容室

注目の記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP