BLOG

白髪を減らす生活・食生活!!

知らないうちに作られる白髪

人間は必ず老化します。
これは絶対に避けれません。
しかしこの老化を早めているのをご存知でしょうか?
そして起こらなくていい老化が存在します。
それは日々の生活習慣や食生活から起こります。

『医食同源』体は食事によって作られる


体を作るのは食事です。
その逆もあり体を壊すのも食事ということになります。
現代社会は様々なストレスにさらされております。
そのストレスにより引き起こる様々な病気。
そしてアレルギー。
でもストレスもアレルギーもほとんどが食生活の乱れが引き起こしているのをご存知ですか?
人間の「美と健康」は食生活と生活週間が最も重要なのです。

何を食べるのかではなく「何を食べないか?」

テレビやネットなどで体にいい食べ物、痩せるもの、肌にいい食べ物を検索するとすぐに出て来ますね。
当店でもお客様から「何を食べたら髪にいいですか?」とよく聞かれます。
何を食べたらいいのかではなく「何を食べないか」が最も大切なんです。
体を壊すものを摂りながら体に良いものを摂っても良いものの効果が半減してしまいます。
まずは体に負担となるもの、体を壊すものを避けることが一番。
それをしない限り改善を見込むのは難しいと言えるでしょう。
これを避けるだけでも体にとっては大きな影響を及ぼします。

グルテン(小麦)・糖質は極力抑える


皆様が大好きなピザやパスタ、ラーメンなど麺類・パンなどなどこれらにはほとんど小麦が使用され糖質も多く入っています。
この小麦に含まれる「グルテン」というタンパク質は腸の状態を悪くするタンパク質なんです。
これらを多く摂取することにより腸の状態が悪化し体の各部分に負担がのしかかってきます。
人間の健康は腸から始まります。
腸が崩れるということは体の全ての乱れといっても過言ではありません。
そしてもう一つが「糖質」
日本では「グルテン・糖質」はダイエットという痩せるという意味でしか捉えられていないのが現状。
しかしそうではなく糖質に関しては病気の根源そして髪や肌にまで悪影響を及ぼす根源の一つでもあります。
私は甘いものはあまり摂りません!と言いながらも1日食べているものを見て行くと十分に糖質オーバーとなっております。
特に北海道の方は主食が炭水化物と穀物類。
これらは体内ではほとんど糖質にしかなりませんので、これらを主食としている場合はこれだけで十分糖質が摂れている状態です。
これ以上の摂取は運動をしていない限りはよろしくないでしょう。
この糖質は「肌のたるみ・ほうれい線などの大ジワ・薄毛・冷え」などなど様々な悪影響を及ぼします。
そしてタイトルにもありましたが「白髪」にも影響があります。
毎日を健康に若々しく、キレイで美しくいるためにはこのグルテンと糖質に意識した食生活を送ることが大切です。
特に手軽に食べれるコンビニのお弁当やお菓子類、化学調味料などには多く含まれております。
裏の表示を見ると何が入っているか確認ができます。
それよりも簡単で良いので材料から料理を作ることが一番です。
外側からのケアは簡単で効果もございますが全ては体の中から作られます。
外側からのケアばかりを意識するのではなく体の内側からのケアにも意識が必要です。
今日からでも意識して取り組んで見てください。

関連記事

  1. 北見市の美容院・美容室

最近の記事

  1. 北見市の美容院・美容室
  2. 北見市の美容院・美容室

    2018.10.6

    私の思い
  3. 北見市の美容院・美容室

オススメ記事

  1. 北見市の美容院・美容室
  2. 北見市の美容院・美容室

注目の記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP